月別: 2017年9月

法人カードを作って一括管理しましょう

a1 (256)

出張等でかかったお金をいちいち領収書で精算するのは止めませんか。法人カードを作っておけば、経費の一元管理もしやすいです。それに経費か経費でないか、がすぐに分かりお金の透明性も増します。それに社員の中にはなかなか経費の請求をしなかったり、経費の立て替えを要求したりする事も有ります。それがすべてなくなります。それに法人カードでも使ったお金に応じてポイントがたまります。
個人単位でなくて会社単位のポイントがたまりますので、営業で使ったガソリン代や電車代もカードを使えば、すべてポイントに還元されます。個人でカードを持っている方は、ポイントがなかなか貯まらないですが、会社単位ですと一気に貯まります。それが一年となると、年会費を払っても十分おつりがきます。
2・3人の会社の場合は、よほどカードを使う機会が無いと、年会費のほうが高くなってしまいますが、車を使う機会が多い場合は、人数が少なくても年会費以上のポイントが還元されます。先ずは色んなカード会社の年会費やポイント還元率等を調べて、加入するカード会社を決めましょう。
小さな会社であればその法人カード選びで、多少業績が助かるかもしれません。カードを作るには、法人名義の銀行口座や履歴事項全部証明書や印鑑登録証明書や本人確認書類が必要になりますが、法人を設立することに比べれば、渦かしいことではありません。ぜひ法人カードを作って、手間とお金を節約しましょう。

自信がある時にはクラブカードに申し込みをしてみる

クレジットカードはとても多彩で、クラブカードなども存在します。それは、受けられるサービスに大きなメリットがあります。そもそもその商品にも、様々な種類があるのは間違いありません。中には、かなりハイクラスなサービスを享受できるタイプもあります。空港のラウンジなどを、無料で利用できるカードなども、中には存在する訳です。
もちろんそれを発行する時には、所定の審査などは行われる事になります。審査で落ちてしまった時には、もちろんそれを発行するのは不可能なのですね。しかし、やはり上記の無料のサービスなどは、メリットはとても大きいと思われます。
何と言っても社会的ステータスの高さなどを、周囲の方々にアピールできるメリットなどは、とても大きいでしょう。それに価値を感じて、申込をする方々も珍しくありません。人によってはカード発行に関して、徹底的に大きな自信を持っている事もあります。そういった時には、あえてハイクラスのカードなどを申込してみるのも一法です。

クレジットカードの審査に落ちたら

クレジットカード所有の際は生活に密着したものを選ぶ

クレジットカードを所有し使用するときにはもちろんそのカードの使いやすさも重視しますが、それ以上にクレジットカードを使用したときに発生するポイントの還元率もカード所有会社を決めるにあたって最重視事項になります。

ショッピングに使う人はデパート系やネットショッピング系で還元率が高いカードを、飛行機の利用が多い人は飛行機の地用だけでなく空港内関連施設での買い物や施設利用でも割引サービスが受けられるカード、またケータイの支払いをカードで行うときにより高い還元率でと考えるならば使用している携帯電話会社に特化したクレジットカードを所有すると良いです。

目的や、生活のどういったところでクレジットカードを利用する機会が多いのかをきちんと把握することで無駄がお得なクレジットカードの所有につながります。しかし、様々なクレジットカードをむやみやたらに所有しているときちんと管理できない他、ポイントもなかなかたまることがなく還元につながりませんので注意が必要です。

ただし、せっかく自分にあったクレジットカードをみつけたとしても、肝心のクレカの審査に落ちてしまった場合に、次回の申込までにやっておきたい事がいくつかあります。まず、落ちてすぐ違うカード会社などに申込をしてしまうのは避けたほうが良いかもしれません。なぜなら、クレジットカードを申し込んだ履歴というのもクレジットヒストリーと呼ばれるものに登録されます。

たくさんのカードの審査を受けてしまうとカード会社によっては欠点となってしまい、発行を慎重視してしまう場合もあるようです。不安がある場合は半年ほど開けてから申込をする事をオススメします。また、審査に落ちる原因として多いのが、金融事故を起こしている場合です。クレジットカードなどの返済が遅れてしまった事などが原因で、ブラックリストと呼ばれるものになってしまうと、審査に受かる可能性は難しいと考えて良いかもしれせん。

しかし、ブラックリストは永遠に消えないわけではなく、数年すると消えるので、この場合は消えるまで待つしかありません。その他に年収や勤務履歴などの原因もありますが、思い当たる所から改善していく事で次回の審査に受かる可能性は高くなります。

 

a1 (257)

セゾンカードの永久不滅ポイントはポイントを失効してしまうかたにおすすめ

クレジットカードを利用するときには、利用額に応じたポイント還元率を従事するかたも多いと思います。ポイントには有効期限があるものも多いので、気がついたらポイントが失効していたなんてことを経験したことのあるかたもいると思います。セゾンカードの永久不滅ポイントは有効期限がないので、ポイントの利用を忘れてしまうかたにはおすすめです。

公共料金の支払いや日々の買い物の支払いを一枚のクレジットカードにまとめておけば、毎月たくさんポイントがたまって、そのポイントをうまく利用することで節約にもつながります。今は銀行にお金を預けていてもほとんど増えません。金融株式を利用してお金を増やそうとしているかたもいると思います。株式は元本割れの可能性もあるので損益が出てしまうかもしれません。

小さいことですが、クレジットカードのポイントをこつこつためていくこともお金を上手く増やしていくことにつながるかもしれません。これは金融に詳しくなくてもできることです。

 

信用情報機関と保有期限などの特色

信用情報機関には、情報照会というシステムがあります。自分のクレジット情報の記録がどうなっているかを知りたい時には、その機関に問い合わせをすると、教えてくれる訳です。例えばオートチャージなどのサービスを利用している時に、自分の情報を知りたいと思う事もたまにあります。それも機関に対する問い合わせで、確認をする事が可能です。クレジット申込などが控えている時には、情報照会をしておくのも一法と言えます。

ちなみに情報機関には、保有期限もあります。一定の期間を経過すると、情報が削除される事になりますから、早めの問い合わせが推奨される訳です。なお信用情報機関に対する問い合わせ方法は、原則として郵送手続きになります。他の方法でも問い合わせは可能ですが、利便性などの観点から、よくそれが活用される訳です。

なお郵送になる訳ですから、郵便番号などは必要になります。郵便番号などを忘れないようにするのは当然ですが、記入ミスなども気を付けた方が良いでしょう。

 

国内のサッカー観戦は安全です

どのサッカーの試合を観戦したいのかは自由に決めたらいいのですが、安全面においては考えておいた方がいいかもしれません。国内の場合はそこまで安全面を考えなくてもいいのですが、外国に行ってサッカー観戦をするのならまた違ってきます。その際に参考したらいいのが、サッカー雑誌や雑誌の別冊付録についてある観戦日記などを参考にしてみるのもいいでしょう。

それらを見ると、現地までの行き方やホテルの状況などを詳しく書かれてあるので、外国に行くならまずは読んでおきたい本です。また、インターネットでも現地の情報は探すことができますので、とりあえず探してみるといいかもしれません。探してみてあまり情報がないのなら、国内のサッカーの試合に行くのもいいです。

国内の試合でも海外の国と試合をしたり、国家を歌姫が歌ったりするのでかなり楽しめる内容が揃っています。また、国内だどクレジットカードや現金の盗難の心配もあまりしなくていいので安全です。